病院・クリニックシステム

medical IT partner として医療サービスの向上と、医療ITの発展を支え続けます。

多様な対応が要求される医療現場で効率化・高質化をIT技術でご支援すること。
それが医療機関のCS(Customer Satisfaction)=顧客満足向上につながるのではないかと考えました。
医療に携わる方々が、情報を共有しコミュニケーションを充実させることで院内から地域の機関・施設へ、
そして患者様やその家族へとつながる情報連携を可能とするトータルシステムをご提案します。

  • 患者受付
  • 外来診察待ち表示
  • 診察
  • 検査オーダ
  • 検査・放射線
  • 診察(診断・治療)
  • 処方・病名・予約オーダ
  • 医事会計
  • 薬局
  • 病棟

患者受付

再来の患者様が診察券を差し込み、受診科などを指定することにより受付情報が電子カルテに伝送されます。

外来診察待ち表示

診察室前の表示盤に診察待ちの患者様が受付順に一覧表示されます。
医師が診察室への呼込み操作を行うと、音声、表示により案内され患者様は診察室へ入室します。

診察

患者様の呼込み操作でカルテがディスプレイに表示され、過去の経緯と患者様の症状を確認し各種検査や治療内容を決めオーダ操作を行います。

検査オーダ

患者様の症状により、検査(検体・生理・放射線)のオーダを行いその内容は電子カルテに記録されます。
また診療科、医師などの単位で事前にセットを登録しておくことで簡便な操作でオーダを行うことができます。

検査・放射線

医師からのオーダが検査・放射線へ伝送され、検査を行い、検査結果、撮影画像、読影結果が電子カルテに記録され診察室へフィードバックされます。

診察(診断・治療)

検査結果、放射線画像をディスプレイで履歴・グラフ表示しインフォームドコンセントにより診断結果・治療内容を決めオーダ操作を行います。
画像については高解像度のディスプレイで表示されます。

処方・病名・予約オーダ

診断結果・治療内容により処方、注射、病名、次回診療予約などのオーダを行いその内容は電子カルテに記録されます。

医事会計

診察後の会計処理は電子カルテから実施内容が伝送されますので正確・迅速に計算され患者様の待ち時間が短縮されます。患者様は窓口や自動支払機で支払を行い、薬引換券・次回の診療予約票を受取ます。

薬局

医師からオーダされた処方を監査したうえで、お薬を処方して患者様へお渡しします。
また、院外処方せんを発行して患者様へお渡しすることも可能です。

病棟

  • 入院患者一覧
    入院中の患者様を病棟・病室ごとに一覧表示して患者様ごとに検査・処方・食事などのオーダを行います。セットによるオーダやクリニカルパスの利用も可能です。
  • 看護支援
    患者様の病名、症状にあわせて看護計画を立て患者様の状態を観察し看護ケア、注射、検査、リハビリなどの実施管理を行えます。看護の引継ぎ業務、日報・日誌の作成も行えます。

医療ITサービス

  • 導入の流れ
  • 病院・クリニックシステム
  • 保険調剤薬局システム
  • 介護・福祉業務支援システム
  • ネットワーク構築
ご導入に関するお問い合わせはこちら

メールフォームはこちら